歯並びが気になる方へ

 みなさん、自分の歯並びを気にした事はありますか?

 最近、歯並びやかみ合わせを綺麗に治したいという方が以前より増えてきているように思います。就職活動や結婚式・・・口元の印象は大事ですよね。歯並びを治すには矯正が必要になる場合が多くあります。

 

 でも、その前にどうして歯並びが悪くなるか考えたことはありますか?遺伝もその原因にはありますが、それだけではないのです。では、他の原因とは何でしょうか。 答えは1つではありません。 

 

 歯やあごになんらかの力がかかることであごが小さくなったり、歯が押され、歯並びが悪くなってしまいます。爪噛み、指しゃぶり、うつぶせ寝・・・もっとたくさん原因となるものがあります。

 

 まずはそれらの悪因を直さないといけません。

 クニモト歯科ではそれらの悪因となるクセを見つけることに力を入れています。そして、早めの対処ができるように心がけています。

 

 それでも歯並びが気になる場合は矯正が必要になります。

 

 矯正にもいろいろな種類、方法があります。以前は金具を歯にくっつけて、ワイヤーやゴムを使う矯正が多くありましたが、今は金具を使わないマウスピース型の矯正装置や歯が並びきらないような小さいあごを広げ、歯並びを治す矯正装置などもあります。

 以前のものより、目立たず、人に知られずに歯並びを綺麗にすることも可能に なってきています。

 ただ、年齢やあごの状態によって、矯正方法、期間も様々ですので興味がある方はまず相談してみてください。 

矯正歯科とは

歯並びの不正を治す治療のことです。歯には本来、力を加えられるとその方向に動く性質があり一定の力をかけて動かします。

ただ見かけをきれいに並べるだけではなく歯を中心としてそしゃく器官、顔の形、機能の回復をはかり、かみ合わせ、発音、全身の健康に影響をおよぼす症状を治療します。

当院は咬みあわせを自然の力を利用してつくる咬合育成を取り入れています。


084.gif治療例

■ MFT

虫歯の予防で定期健診にて歯ブラシの練習やフッ素を塗りに来院。このときは特に問題はありません。「グラグラの乳歯がある」とのことで次に来院したとき、本人は気付いていませんでしたが「あれ?前歯がぜんぜん咬んでいない!なんだこりゃ!」と問題発見。原因を改善させて、歯並びを自然に直す指導を開始。現在だいぶ治ってきました。

子供の歯並びが気になる保護者の方、ご相談下さい。歯並びは早くに必要な対応すると後が楽です。子供のうちからできるだけ自然に治し、無理な(矯正的)力をかけることを最小限にしましょう。

矯正治療の前と後 

                                術後現在 


■ 部分矯正

11月頃、下の永久歯が生えてきたが、変なところから出てきてしまいました。来春の卒園式、入学式までに歯並びを治したいとのこと。翌年の3月に部分矯正でここまで治りました。

部分矯正 術前と術後


■ 全顎矯正

■ Case.1

八重歯が気になるとのこと。

予定より早く治りました。
金具を外した直後でこの状態から歯のクリーニングで仕上げです。

全顎矯正 術前と術後

■ Case.2

市外の高校生で『歯ならびが気になる』で来院。

前歯治りますか?

case02術前

聞いてたほど痛くはない。

case02術中

約2年で治りました。お疲れ様でした。

case02術後


■ 歯牙移動

被せていた歯(銀歯など)がとれた、と言われて来院される方の多くが、とれた自分の歯の状態を見ることは難しいです。下の写真のように、虫歯が進行し、以前の歯の状態と比べ通常悪くなっているものなので抜歯になることも多いですが、歯を引っ張り出すことによって再度その歯を利用することが出来るようになります。

■ Case.1

歯がとれて、虫歯が歯茎の中まであり「このままでは抜歯?」と思われましたが、矯正で引っ張り出して歯を抜かずにすみました。

矯正 歯牙移動

▲このページのTOPへ

歯科|市原市で予防歯科・床矯正・歯周病治療・インプラントに取り組む市原審美矯正研究所|クニモト歯科